<< 未来の子供たちのために… | main |  過敏症の私が巡り会った天職 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

脱原発ウォーク

 
5月8日、「脱原発市民ウォークin滋賀」に参加してきました。

JR大津駅前に13時30分集合。

私たちもビニール傘に「脱原発」「100年後の子供たちにキレイな地球を残すため原発はいらない」「子供たちの未来のため 原発を止めて!」「自然エネルギーに転換を」といったアピールを書いて参加



大津駅前と滋賀県庁前広場で、主催者の挨拶などミニ集会?があり、大津パルコや西武の前を通って、関西電力滋賀支店前まで1時間半のデモでした。

若いお母さんや子どもさんもたくさん参加していました。
主催者発表は最終300名でした。主催者の方は100名も集まれば…と考えておられたようですが300名も集まってびっくり!



途中で、子どもたちが、「おいしい野菜を食べたーい」「子どもは外で野球がしたーい」と、福島の子どもに思いをはせ、元気いっぱいにシュプレヒコール。和やかなムードの中、私たちも子どもの未来を守ろう、子どもの命を守ろうと声を大きくしました。



関電前では、関電に対する申し入れ書を読み上げ、それを関電の郵便受けではなく、近くの郵便ポストに投函するパーフォーマンスも。関電の郵便受けは、デモが来ることを知っていたのか、投函口にガムテープが貼ってあったそうです。市民の声は拒否するという会社の姿勢に…???
 
日本の全原発の運転停止を求めて行脚されている日本山妙法寺の石橋行受僧侶も来られデモを先導してくださいました。
クリックで挿入

私の英語の先生もキレイな奥さんとかわいい二人の子どもさんと一緒に参加されていましたよ。先生手作りの原発施設の絵に「NO THANKS(結構です)」と書いたプラカードを片手に新聞社のインタビューに「日本は原発をなくし自然エネルギーに転換するべきだ。地球全体に大きな意味をもたらす」とクールに語っておられました。さすが。

主催者の一人の「原発を知る滋賀連絡会」の事務局長池田進さんは、浜岡原発の運転停止要請に「画期的な決断。この決断が終わりの始まりになるよう期待したい」と評価されえいました。 
三輪 政子 * - * 22:31 * comments(0) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:31 * - * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ